エコキュートの凍結防止対策

今回の寒波による凍結防止対策としてエコキュートにおける対処方法を以下の通り、まとめましたのでご参考ください。

 

1、エコキュート本体の機能による凍結防止方法 夜の入浴後、残り湯を流さずに循環口より水位が上にあることを確認していただき、翌日ご使用時まで、そのままにして下さい。
(外気温の低下に伴い、凍結防止運転機能が自動的に始まります。配管の定期的な循環を 行うことにより凍結を防止する方法です。)

2、下準備による凍結防止方法 エコキュートのタンク下の部分に不要な毛布を巻くかツイタテを立てて下さい。(エコキュートのタンク横にある室外機(ヒートポンプ)から起こる冷風の影響や屋外冷気による凍結を防止する役割を果たします。)
タンク下の部分は水配管の接続部分が多く存在し、この部分にヒートポンプからの冷風や冷気の侵入を遮断することにより凍結を防ぎます。

3、強制的に行う凍結防止方法 就寝される前に、お湯の蛇口をほんの少し、糸の線程度のお湯が出るぐらいに緩め、常に配管内のお湯を動かす事により凍結を防ぎます。
(しかしながらこの方法は水道代が上がる可能性がありますので、極力オススメしていません。)

 

今回の寒気の影響にて製品メーカー、販売店各社共、総動員で電話によるアドバイス、
又は訪問による弊害トラブルへの対応をしております。
以上の方法を参考にしていただき、凍結防止対策へのご協力をお願い致します。
弊社取扱い各メーカーのトラブルに対応するフリーダイヤルは以下の通りです。

パナソニック:0120-878-554(365日24時間)
ダイキン:0120-88-1081(365日24時間)
東芝:0120-1048-19(365日24時間)
日立:0120-649-020(365日24時間)
コロナ:0120-919-302(365日24時間)
三菱:0120-139-365(365日24時間)

ご活用ください。宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

page top